<var id="z9fz7"></var>
<var id="z9fz7"></var>
<var id="z9fz7"></var><cite id="z9fz7"></cite>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"><thead id="z9fz7"></thead></strike></var>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"></strike></var>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"><thead id="z9fz7"></thead></strike></var>
<var id="z9fz7"></var>
<cite id="z9fz7"><span id="z9fz7"><menuitem id="z9fz7"></menuitem></span></cite>

「就活の軸」って何のこと?見つけ方、面接で聞かれたときの答え方の例を紹介

內定した先輩たちが「私の就活の軸は、〇〇でした」と話していたり、就活準備を進めていると、「就活の軸を考えておいた方がいいよ」とアドバイスを受けたりした人もいるのではないでしょうか。また、面接などの選考の場面で「就活の軸」を問われたと聞いて、どんなふうに答えたらよいか気になっている人もいるかもしれません。
「就活の軸」とは何か、考えておく必要があるのか、選考のどんな場面で尋ねられるのかなどを解説。就活を経験した社會人の先輩に、どんな「就活の軸」を持って就活を進めていったかのインタビューも紹介します。

「就活の軸」とは?見つけ方は?

そもそも「就活の軸」とは何のことでしょうか?人事として新卒採用を20年擔當し、現在はさまざまな企業の人事?採用コンサルティングを手掛ける採用のプロ?曽和利光さんに聞きました。

「就活の軸」とは?

「就活の軸」とは、會社選びや仕事選びの自分なりの基準のこと。就活時には、社會人になってどんな仕事、どんな働き方をしたいか、入社後のことについても考えておきたいものです。自分に合った仕事や企業は何か、環境選びの基準として必要になるのが「就活の軸」なのです。

基準は、「自分に関する基準」「自分以外に関する基準」の2つに分けて考えることができます。

「自分に関する基準」とは、“こういう人になりたい”、“こんなキャリアを積んでいきたい”というもの。仕事を通じて自分がどうなりたいかにフォーカスしている基準です。一方、「自分以外に関する基準」とは、“大企業である”、“英語が使える仕事”のような企業の狀況についての基準。

本來、どちらを就活の軸にしてもいいのですが、「自分以外に関する基準」を明確にしていないと企業選びができない…と考える學生さんが多くいるようです?!缸苑证悉长Δ胜辘郡?。これができる環境であればどんな企業?仕事でもいい」という考えも立派な基準。自分がどういう人生を送りたいか、という観點で「就活の軸」を考えてもいいと思います。

「就活の軸」の見つけ方とは?

とはいえ、「自分はどうなりたいか」を明確に言語化するのは、やってみようとすると難しいもの。あらかじめ「就活の軸」を設定して、それに基づいて企業を探すのもスムーズかもしれません。ただ、その軸がわからずに就活準備が進まなくなってしまう人もいるでしょう。そんなときは、複數の企業を一覧で見て「興味があるか、興味がないか」をジャッジしてみる方法をオススメします。

例えばリクナビでイベント(合同企業説明會)に參加する企業一覧を見たり、自分が気になる業界などで検索したりしてみましょう。數十社の企業について、その企業の仕事について知りたいと思うか思わないか、なんとなく好きと思えるか思えないか。感覚的に好きか嫌いかで振り分けてみましょう。
そして、興味があると思った企業の共通點を考えてみましょう。そうすることで、言語化できていなかった自分の価値観に気づき、自分なりの「就活の軸」が見えてくるのです。

「就活の軸」は、面接などでも聞かれることがあります。選考する企業としては、「なぜうちの會社を選んだのか?」の理由を持っている學生か、選んだ理由がない學生なのか聞いてみないとわからないからです。選考前に自分の価値観を言語化することで、聞かれたときの準備ができるでしょう。

【先輩たちにアンケート】「就活の軸」は、そもそも必要?

実際に就活を経験した先輩たち500人に、就活を進める上で「就活の軸」が必要だと思うか、選考の中で尋ねられることがあったか、アンケートで聞きました。

■就活を進める上で、「就活の軸」を考えておくことは必要だと思いますか? (n=500、単一回答)

「就活を進める上で、「就活の軸」を考えておくことは必要だと思いますか?」アンケート結果のグラフ

「就活の軸」を考えておく必要があるか先輩たちにアンケートしたところ、「はい」と答えた先輩は67.2%という結果になりました。
具體的に必要だと思った理由としては、次のような聲がありました。

企業選びの判斷基準になる

?いろんな會社を見るとき、絞る材料になる(生命保険業界/女性)
?たくさんの企業を見て迷うことがある。その中で軸となる部分がきちんとあることで、取捨選択がしやすい(銀行業界/女性)
?軸があれば必然的に自分が行きたいと思える企業を探すことができる(ソフトウェア業界/男性)
?最終的に就職する會社を決定する際に、何を優先するべきかはっきりさせておくため(コンサルティング業界/女性)

面接での受け答えに困らない

?軸が自分の中でしっかりないと面接などの受け答えで困ると思う(教育業界/女性)
?面接で聞かれることが多いし、軸が決まっていないとなぜその企業に決めたかを答えにくいと思う(醫療業界/女性)
?面接で予想していない質問をされたときに答えられない可能性がある(介護?福祉業界/女性)
?複數企業の面接を受けたが、いずれの企業でも同様の質問があった(電機業界/男性)

入社後の姿をイメージできる

?自分の將來を明確にするため(鉄鋼業界/男性)
?自分の軸が決まらないと、入ってからその企業に合わないということがあるかもしれない(専門商社/女性)
?自分が社會人になってからどのようになっていきたいかを明瞭にするため(放送局/女性)
?本當に行きたい場所が見つかり、長く働いていけると思う(専門商社/女性)

選考で「就活の軸」は聞かれた?どのように答えた?

続いて、実際に選考では「就活の軸」がどれくらい聞かれるのか、先輩たちはどのように回答したのか、アンケート結果を紹介します。

半數の先輩たちが「就活の軸」を選考で聞かれたと回答

■選考時に、「就活の軸」を尋ねられましたか?(n=500、単一回答)

「選考時に、『就活の軸』を尋ねられましたか?」アンケート結果のグラフ

まず、選考時に「就活の軸」を聞かれたか先輩たちに聞いたところ、約半數の51.2%の人が「はい」と回答しました。その先輩たちに「就活の軸」を尋ねられたのはどんなときか聞いた結果が以下になります。

■「就活の軸」を尋ねられたのは、どんなときでしたか?(n=256、複數回答)

「『就活の軸』を尋ねられたのは、どんなときでしたか?」アンケート結果のグラフ

アンケートの結果、「就活の軸」を聞かれたのが最も多かったのは、「面接」で84.0%?!弗ē螗去戛`シート」と回答した人は41.8%となりました。

では、先輩たちは実際にどんなことを「就活の軸」と答えたのでしょう。先輩たちの回答をいくつか紹介します。

先輩たちの「就活の軸」

?さまざまなバックグラウンドの人に會えること(広告業界/女性)
?生活に寄り添う仕事で、地域に貢獻できること(不動産業界/女性)
?研究分野を生かせる仕事(電機業界/男性)
?土日休みで、結婚や出産を経ても続けられるところ(銀行業界/女性)
?社會格差の解消に貢獻できるかどうか(新聞業界/男性)
?生活に寄り添う仕事であること、地域に貢獻できること(不動産業界/女性)
?社會を陰ながら支えることのできる仕事(ソフトウェア業界/男性)
?自分の長所を生かせる會社かどうか(ファッション?アパレル業界/女性)
?1日の大半を仕事に費やすので、仕事が楽しくできること。そのために社內の雰囲気が良いこと(フードビジネス業界/女性)

選考で「就活の軸」を聞く人事の意図は?答えるときのポイントは?

では、選考で企業が「就活の軸」を聞くのはなぜでしょうか。答えを準備するときのポイントと併せて曽和さんに聞きました。

人事が知りたいのは、価値観がフィットしているか

企業が選考で「就活の軸」を聞くのは、その學生がどうしてうちの會社を選んだのか、學生が求めるものを、當社は本當に提供できるのかを選考の段階で確認するためです。ただ、企業の価値観に合う人材だけでなく、多様な考えの人材に入社してほしいという企業の意向は年々高まっています。

「就活の軸」を答えるときのポイントは?

「就活の軸」は自分に合う企業を選ぶための基準なので、選考時に取り繕う必要はありません。

例えば、そこまで強い成長欲求がないにもかかわらず、「成長できる環境かどうかが私の就活の軸です」と言って入社してしまったら、入社後に苦しくなるのは自分自身です。

これまで経験した出來事、育った環境を振り返ってみて、「就活の軸」の背後にある自分の価値観も明確にしておきましょう。本人のライフヒストリー(成育歴)に基づいているような理由と共に価値観を語ることができると、企業の選考擔當者に根っこの確かな価値観であるということが伝わります。

価値観の深掘りの方法について、詳しくはこちら↓
プロに聞く!就活で志望動機を書くときのポイント【例文あり】

「就活の軸」について面接で聞かれて回答する就活生のイメージ

その企業だけに當てはまる「就活の軸」でなくていい

選考で「就活の軸」について話すとき、注意したいのが「その軸だったら、うちの會社じゃなくてよくない?」「その基準だったら、この業界じゃなくてもかなえられるのでは?」と聞かれたとき。正直な話をすれば、「そう言われてしまったら、そうですね…」としか答えようがない、いじわるな質問と言えるでしょう。そんな質問への対処法としてオススメできるのは「偶然の要素」を加えることです。

具體的には、「會社説明會で話をしてくださった社員の方が、仕事內容をこう説明しており、その內容に感銘を受けました」「御社の店舗に足を運んだ際、店員の方にこういう対応をしていただき、こんな人のいる會社で働きたいと強く思いました」などです。就活の軸を考える際、そんなエピソードをいくつか持っておくと安心だと思います。

そのほか、面接に向けた準備について詳しく知りたい人は、こちら↓
【就活面接で準備しておくことは?】面接マナーとよく聞かれる質問を確認しておこう!

【先輩インタビュー】「就活の軸」は何だった?見つけるためにどんなことをした?

最後に、「就活の軸」を考えて就活に臨み、現在は社會人として働いている先輩2人に、「就活の軸」は何だったか、見つけるためにどんなことをしたか、就活時に役立ったのはどんなときだったのかをインタビューしました。自分の「就活の軸」を考える際の參考にしてみてください。

(1)不動産業界/男性の場合

あなたの「就活の軸」は何でしたか?

「空間デザイン、建築に攜わることができる仕事」です。高校時代から建築士に憧れを持っており、將來は建物づくりにかかわる仕事をしたいという思いがありました。大學でも環境デザインのゼミに所屬し、環境や空間が人に與える影響について研究していました。就活準備のときにこれまで興味を持ってきたことを整理していくことで「就活の軸」を明確にすることができました。就活では、大手デベロッパーを中心に鉄道系、レジャー施設運営の企業を受けていました。

「就活の軸」を明確にするためにどんなことをしましたか?

今やりたいこと、好きなことではなく、「昔から好きだったこと」を振り返りました。今興味あることは一過性のものかもしれませんが、子どものころからずっと好きだったことは、今後も好きだろうし嫌いになることはないと考えたんです。
親に子どものころの話を聞くと、ブロック玩具と積み木が好きで、ひたすら積み上げて建物らしきものを作っていたこと、大きなものを作って表現したいという欲求が子どものころからあったことがわかりました。それが今の関心にもつながっているのだと確認することができました。

「就活の軸」を考えておくことで、就活中に役立ったことは?

面接では「どうしてこの業界なの?」「どうしてうちの會社なの?」と必ず聞かれました。
ただ「空間づくりに攜わりたい」だけでは、「どうして當社なのか」という質問には答えられないので、軸をしっかり言語化しておかないと説明するのは難しいと感じました。また、面接當初は、企業に合わせて取り繕って答えたこともありましたが、本心から出る言葉以外は相手に響かないのだと痛感。

その後は、具體的にやりたいことを事前にいくつか考えておき、面接では企業に合う內容を選んで答えるようにしました。うそのない內容で、かつ、企業の志望動機に共通する要素を整理して話すことができ、面接もうまくいくようになりました。

これから就活を始める人へのアドバイス

「就活の軸」を理路整然と考えるのも大事かもしれませんが、生の情報に觸れることで「楽しそうだな」「合いそうだな」と、自分だけの“感覚”を得ることも大切にしてほしいです。
総合職採用でしたら、多くの場合、仕事內容は配屬が決まらないとわかりません。でも、何をするにせよ、企業風土や人の雰囲気は必ず自分にかかわってきます。

説明會や面接で、どんな人がどんな言葉を使い、どんな表情で事業內容を説明しているか。その空気に觸れることは、自分が合う環境を選ぶ上でとても大事だと思います。企業ホームページを見るだけではなく、その會社が手掛ける商品やサービスに觸れる、見に行くなど行動してみて、感じたことを自分なりに言語化していくと「就活の軸」を掘り下げることができると思います。

(2)ITベンチャー/男性の場合

あなたの「就活の軸」は何でしたか?

將來起業したいという思いがあったので、起業に向けた學びのある環境であることを「就活の軸」にしていました。具體的には、いろいろな事業のケースを俯瞰(ふかん)できる仕事であること、新規事業が多く生まれ、事業を作り出す過程を體感できる環境であることでした。就活中は外資のコンサルティング業界、社內ベンチャーが多く立ち上がる企業の方に話をうかがっていました。

なぜ起業したいと思ったのでしょう。

これまでの自分を振り返ると、人にやれと言われたことをやるのが嫌で、いつも自分で「こうしたい!」と提案していたんです。學校の授業に疑問を呈して、授業のやり方を変えたこともあった。小生意気なんです(笑)。大學時代からWebメディアを立ち上げて起業していたこともあり、將來も自分で事業を作りたいなと思っていました。

「就活の軸」をより明確にするために、やったことはありますか?

インターンシップを利用して自己分析をしました?!笇沓嗓匪欷菠郡ぅ撺氓伐绁螭蚩激à搿工趣いΕ抓恁哎楗啶违ぅ螗咯`ンシップでは、過去を振り返り自分の価値観や好きなことを整理しました。漠然としていた自分の特徴を言語化できましたね。

「就活の軸」を考えておくと、どんなメリットがあると思いますか?

企業選びの納得度が高まると思います。自分なりの軸がないと、相対的な評価で判斷することになり、入社してから「どうしてここに入ったのか」と思い悩むことが出てくるかもしれません。一方、「自分にとってこれが大事だから、この會社を選んだ」という絶対的な理由があれば、自信を持って働いていけると思います。僕は、起業というゴールがぶれなかったので、「こういう思考プロセスを持った経営陣、こういうミッションを持った企業で働きたい」と、選ぶときにも迷いがありませんでした。

 

簡単5分で、あなたの強み?特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診斷!就活準備に役立ててくださいね。

▼2022年卒向け詳細情報▼

 

【調査概要】
調査期間:2019年4月23日~5月7日
調査サンプル:就活を経験した社會人1~2年目の男女500人
調査協力:株式會社クロス?マーケティング

——————————————————

曽和利光さんプロフィール寫真

【監修】曽和利光さん
株式會社人材研究所?代表取締役社長。1995年、京都大學教育學部教育心理學科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャーなどを経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事?採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立?!骸弗庭氓去铹`ク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った會社はなぜ伸びるのか?人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多數。最新刊に『人事と採用のセオリー』(ソシム)がある。

——————————————————

記事作成日:2019年6月28日

合わせて読みたい記事

成人亚洲中文字幕无线乱码,久久精品天天中文字幕人妻,CHINA大学生GAYTXX,男女啪啪120秒试看免费
<var id="z9fz7"></var>
<var id="z9fz7"></var>
<var id="z9fz7"></var><cite id="z9fz7"></cite>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"><thead id="z9fz7"></thead></strike></var>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"></strike></var>
<var id="z9fz7"><strike id="z9fz7"><thead id="z9fz7"></thead></strike></var>
<var id="z9fz7"></var>
<cite id="z9fz7"><span id="z9fz7"><menuitem id="z9fz7"></menuitem></span></cite>